馬券革命MAX:タイトル
二つの新数値 | 儲かる馬はこれだ | 新指数表の全貌 | 推奨買い目の算出法 | TB理論実践活用術

コースとクラスの概念を導入し
推奨買い目の算出法も一新!

進化の第一段階:二つの基礎資料

理論が進化したら、当然、買い目算出ロジックも進化しなければなりません。その第一段階として作成したのが以下の二つの基礎資料。○と●は、それぞれが「SA値全順位別3着内率」と「PA値全順位別3着内率」を表し、簡略化すれば例1と例2のようなデータから構成されています。

【基礎資料1】

98年以降使用されたJRA全競馬場の全コースにおける、SA値とPA値の「全順位別3着内率」
 札幌函館福島新潟東京中山中京京都阪神小倉
ダ1000      
ダ1150                  
ダ1200          
ダ1300                  
ダ1400              
ダ1600                
ダ1700        
ダ1800            
ダ2100                  
ダ2300                  
ダ2400        
芝1000        
芝1200  
芝1400            
芝1500                  
芝1600          
芝1700              
芝1800  
芝2000
芝2200          
芝2300                  
芝2400              
芝2500            
芝2600            
芝3000                
芝3200              
芝3400                  
芝3600                  
例1:芝2000m
福島
 ○SA値●PA値
1位50%42%
2位39%36%
3位33%31%
4位30%27%
5位30%30%
東京
 ○SA値●PA値
1位49%52%
2位39%45%
3位31%34%
4位24%27%
5位25%27%

【基礎資料2】

【基礎資料1】のデータを、競馬場ごとにクラスによって更に細分化したもの。
東京未勝利500万1000万1600万オープン
ダ1200
ダ1300
ダ1400
ダ1600
ダ2100
ダ2400
芝1400
芝1600
芝1800
芝2000
芝2200
芝2300
芝2400
芝2500
芝3200
芝3400
例2:東京芝2000m
1000万
 ○SA値●PA値
1位50%39%
2位42%38%
3位35%28%
4位29%20%
5位30%37%
オープン
 ○SA値●PA値
1位50%58%
2位23%30%
3位20%27%
4位23%24%
5位17%20%

コースとクラスの概念を導入した、新しい買い目ロジックの構築

前記の二つの資料によって、指数の「バイアス」はハッキリと浮かび上がってきました。同じ芝2000mのレースでも競馬場によって、また、同じコースでもクラスによって、スピード指数をベースにしたSA値の有効性と、ペース指数をベースにしたPA値の有効性に違いがあることが、一目瞭然となったのです。
そこで、買い目ロジックのパターン分けは、「コース」と「クラス」の組み合わせによって行うこととし、「芝・ダート」「距離」「競馬場」「クラス」「頭数」の5つのファクターを駆使して、全レースを60パターンに分類。そしてこの60のパターンごとに、的中率と回収率のバランスをとりながら、SA値順位とPA値順位の組み合わせで、新たな買い目ロジックを構築していきました。
もちろんこの買い目も、より当たる買い目へと進化し続けます。パターン化の方法もロジックも定期的に見直し、常にベストのものをご提供していきます。馬場改修やコースの新設に対して素早く対応することも、言うまでもありません。自分なりに指数表を使いこなしつつ、コンピューターが算出した買い目の威力をぜひお試し下さい。
二つの新数値 | 儲かる馬はこれだ | 新指数表の全貌 | 推奨買い目の算出法 | TB理論実践活用術

© 2006 , 2017 CP Network , Xtage