馬券革命MAX
的中報告今週の予想(有料)重賞展望(有料)高額配当ベスト100過去のトピックス
TB理論とはTB理論実践活用術岡田修平の競馬写真館競馬恐怖新聞 

競馬恐怖新聞

 
2018年06月18日(月曜日)
競馬恐怖新聞社(有限会社シー・ピー・ネットワーク内)
〒110-0051 東京都千代田区神田神保町2-5-4
開拓社ビル2F
2018年06月16日発行)第3種郵便物不認可
 
石橋脩 北海道重賞初制覇

これまで掲示板を外したのは5回だけだが、その着順は10、8、10、16、12着。堅実か、惨敗か。しかし決してムラ馬ではなく、惨敗には明確な共通点がある。500万昇級初戦、オープン格上挑戦、1000万昇級初戦、G1初挑戦、海外G1初挑戦。格上相手のレースでは、順当に“お客さん”になるタイプなのだ。
だからこそ、地力強化の過程も分かりやすい。3歳暮れから1000万1着→1600万1着→京都牝馬S2着。続く高松宮記念はまだ家賃が高かったが、その後は1600万1着→オープン特別1着→スプリンターズS3着。とくれば、続く香港スプリントはもちろん“お客さん”だ。
そして前走、遠征帰りで良化途上の京都牝馬Sは5着まで。そこで無理せず、目標を高松宮記念から夏競馬に切り換えたのがナイスジャッジ。じっくり仕上げて臨んだG3なら、走らないわけがない。サマースプリントシリーズ開幕戦を制したのは、きっちり地力を出し切った5歳牝馬、ワンスインナムーンだった。
「北海道も滞在競馬も初めてだったけど、出来は申し分なかった。重賞は勝たなきゃいけない馬だと思っていたので、ホッとしています。こうなったらぜひシリーズチャンピオンを狙いたいですね」(石橋脩騎手)
平地重賞14勝はすべてマイル以下、11勝は1400m以下。宝塚記念とジャパンカップを制した「1400m以下不出走馬」がスプリントサイアーになるのだから、血統の世界は奥深い。過去、異なる産駒で高松宮記念とスプリンターズステークスを制した種牡馬は、サンデーサイレンス、フジキセキ、クロフネ、ウォーニングの4頭。完全本格化なった昨年の3着馬が、父アドマイヤムーンを“5頭目”に導く可能性は十分だ。
第25回 函館スプリントステークス G3
1回函館2日11R(6月17日)
サラ3歳以上オープン(晴・良)



馬   名騎 手タイム着差人気
148ワンスインナムーン石橋脩1.07.62
247ナックビーナス三浦1.07.6クビ1
3714アドマイヤゴッド岩田1.07.73/411
412ダイアナヘイロー武豊1.07.81/23
511セイウンコウセイ池添1.07.8クビ4
●単560円 ●複220円 180円 530円 ●3連複円
●枠連4-4 1080円 ●馬連7-8 1050円 ●馬単8-7 円
●ワイド7-8 430円 8-14 1850円 7-14 1730円
ごめんト
2着ナックビーナス(杉浦調教師)高松宮記念の3着馬だから、ここは勝ちきってほしかったけど、結果的に休み明けの分かな。次こそは重賞タイトルを獲らせたいね。
3着アドマイヤゴッド(岩田騎手)前走は1400mのG2だったけど着順ほど負けてないし、このコースは去年準オープンを勝ってるからね。内枠だったらもっと際どかったんじゃないかな。
4着ダイアナヘイロー(武豊騎手)阪急杯は前走16着からの巻き返しだったので、高松宮記念のシンガリ負けは気にならなかった。今年もこの時期からどんどん良くなってきそうです。
5着セイウンコウセイ(上原調教師)だいぶ持ち直してきた。秋までになんとか完全復活といきたいね。
※この競馬恐怖新聞紙上に書かれている記事の内容は、現実のレース結果に対して何ら責任を負うものではありません。